早漏治療薬でセックスの自信を取り戻しましょう

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Delicious

早漏を克服して男性としても自信を取り戻しましょう。男女間の付き合いで意外とものを言うものが夜の相性です。しかし、射精が早ければ相性などという言葉を持ち出すまでもなく「対象外」とされてしまうでしょう。

射精時間の目安はセックスを行う相手次第

早漏と呼ばれる基準は医学論文や女性誌などでまちまちで、1分とされることもあれば3分とされることもあります。しかし、実際にはこれらの時間を参考にする必要はありません。

パートナーがあなたの射精までの時間に満足できれいれば十分ですし、そうでなければ伸ばす必要があるためです。厳密ではありませんが、相手が満足しているか否かで早漏を定義した方が都合が良いでしょう。

基本的に女性は早漏に対してネガティブです

中には「自分で気持ちよくなってくれて嬉しい」「嗜虐心がくすぐられる」といったポジティブな意見もあるようですが、あくまでも少数派です。女性が不完全燃焼に陥ることがほとんどで、「自分だけ先に気持ち良くなって、自己中心的だ」という印象を抱かせてしまいます。

原因には以下の2つが挙げられます。

1)精神的

未経験の男性の射精が早いことは、これが原因になっています。性に対するプレッシャーやトラウマなどもあてはまります。1度セックスに失敗することで症状を悪化させ、負のスパイラルに陥ってしまう方も少なくありません。

2)肉体的

大部分が包茎によるものです。一部には尿道や前立腺の炎症によって起こることもあるようですが、それらはほとんど稀です。

実際には、どちらか片方ではなく両方から発症しているということが多いようです。早漏は放っておけば治るということはありません。むしろ(1)のようにますます悪化していくことの方が多いでしょう。

早期に克服したいものですが、なかなか踏み出せないという男性が多いことが現実です。そこでオススメしたいものが、医薬品を用いることです。

そうろう専門の治療薬で簡単に安く克服しましょう

その効果はとても高く、7割以上の男性が射精までの時間を3倍から4倍に延ばせたとも言われています。

魅力は手軽だという点です。最近では専門の病院もたくさん設立され、幅広い治療が行えるようになっています。しかし、それらは基本的に昼間に営業しています。仕事や家庭の都合で通えないという方は多いですし、治療にはかなりのコストがかかります。

また、医師であっても他人に早漏を相談するということ自体が恥ずかしいと感じる男性は多いでしょう。

一方で、治療薬はインターネットで購入できます。忙しい方でも簡単に入手できますし、病院と比べると価格も手頃、誰かに相談する必要もありません。最近ではサービスの面でも充実しており、梱包で家族に購入物が分からないようにするなどの工夫もされています。

早漏に悩んでいる方は、まずは治療薬を使った克服にチャレンジしてみてはいかがでしょうか? セックスに自信が持てるようになるだけで、女性からもモテるようになること間違いありません。

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Delicious